e-Mail : ​chorfluegel@gmail.com  Twitter : @chorfluegel @fluegel2019(2019年新歓用)

指導陣
清水敬一

常任指揮者

 

1959年5月東京生まれ。1982年3月早稲田大学理工学部電気工学科卒業。指揮法を遠藤雅古、V.Feldbrill、合唱指揮を関屋晋の各氏に師事。現在およそ20の合唱団の指揮を任される。様々な機会に、合唱とオーケストラのための作品のコーラスマスターを務め、初演した現代作品も多い。2005年、世界合唱シンポジウムに於いて講師を務める。国内外の音楽祭、作曲コンクール・合唱コンクールの審査員を歴任。著書に『合唱指導テクニック』(NHK出版)。月刊「教育音楽」(音楽之友社)誌上にて《折々の美景》連載中。現在、全日本合唱連盟及びJCDA日本合唱指揮者協会理事。

東京芸術大学及び同大学附属音楽高等学校講師。

©Atsushi Yamaguchi
​清水昭

指揮者

 

1953年生まれ。早稲田大学理工学部卒業。在学中より合唱指揮を志す。指揮法を手塚幸紀、合唱指揮を関屋晋、ウグリン・ガーボル、ピアノを三井光子の各氏にそれぞれ師事。現在は首都圏を中心に、18の合唱団の指揮指導にあたる他、客演指揮、講習会講師、各地コンクールの審査員等を務めている。1990年のハンガリーを皮切りにたびたび海外各地を訪れ、合唱団さえら等を指揮。その一方で、来日合唱団を迎えた合唱フェスティバルを企画実行し、合唱を通した国際交流に貢献。1998年、合唱団ひぐらしの指揮で全日本合唱コンクール金賞受賞。2013年、還暦記念演奏会「Akira de 第九」でベートーベン第九交響曲を指揮。ポピュラーミュージックの合唱編曲作品多数。2016年、早稲田大学コール・フリューゲルの指揮で全日本合唱コンクール金賞受賞。JCDA日本合唱指揮者協会理事長。東京都合唱連盟理事。

​真下洋介

指揮者

1977年東京生まれ。神奈川県立多摩高等学校合唱部で合唱に出会う。早稲田大学に入学とともにコール・フリューゲル、混声合唱団(早混)に在籍。混声合唱団では学生指揮者を務めた。大学卒業後は松原混声合唱団をはじめ、関屋晋、清水敬一、清水昭、岩本達明の各氏が指導する合唱団で練習責任者や団員として在籍。2004年『カンテムス国際合唱祭(ハンガリー)』の指揮者マスタークラスでディプロマを取得。全日本合唱コンクール全国大会において早稲田大学コール・フリューゲルを指揮し金賞2回受賞。JCDA日本合唱指揮者協会会員。

©Atsushi Yamaguchi
​小田裕之

ピアニスト

1975年札幌生まれ。幼いころから音楽に親しみソルフェージュを独習。16歳でたまたま受けたソルフェージュと和声のレッスンに刺激され17歳でピアノ科進学を志す。翌年桐朋学園大学音楽学部に入学。1998年同大学ピアノ科を首席で卒業し(NTT docomo奨学金)、皇居内桃華楽堂に於いての御前演奏会に出演。大学卒業後、プラハ芸術アカデミーにて研鑽を積んだ。これまでにチェコ、ドイツ(室内楽)、ルーマニア(協奏曲、リサイタル)で演奏。国内のコンクールで入選、入賞。ソロCD「ヴルタヴァの風に乗せて」が読売新聞サウンズBOX推薦盤に選出。現在、桐朋学園大学非常勤講師、日本ショパン協会正会員。

©Kyota Miyazono
​吉田浩之

ボイストレーナー

福井県敦賀市出身。モーツァルトからバーンスタインまで幅広いレパートリーを持ち、リリコ・レッジェーロの瑞々しく伸びやかな美声と叙情性豊かな表現力で常に聴衆を魅了している。また、ミサ曲、オラトリオなどのソリストとしても卓越した歌唱に定評がある。

国立音楽大学声楽科卒業。東京芸術大学大学院オペラ科修了。二期会オペラスタジオを優秀賞で修了。1990年、モーツァルト没後200年記念国際モーツァルト声楽コンコルソ本選入賞。翌、1991年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてローマに留学。1997年には第25回ジロー・オペラ賞新人賞受賞。東京藝術大学音楽学部声楽科教授。